82話の感想というか


こんにちは
みなさまお元気ですか?

今月号を読まれた方と、分かち合いたい、語り合いたい…なんて。

LaLa(ララ) 2016年 07 月号「狼陛下の花嫁82話」の感想というか印象をつらつらと…。

※ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください※

(個人的な覚書というか、今後の展開予想?というか、ずいぶん散漫な内容です。
本誌を読まれたかたでないとちんぷんかんぷんだとおもいますので
お読みになってから、どうぞ)


第二部・新婚編の炎波国の御姫様、朱音姫のお話がひと段落。
外交使節団の中にいる刺客のいぶりだしも、朱音姫の手腕(←)であっさり露見しスピード解決
思いもよらぬ結末でしたね。

しかも暖かい情感が根底に流れているのが読んでいてホッとします。

炎波国の情勢とか、狼陛下への横恋慕などについてはいきなりヘビ―になったら泥沼だなぁと思っていたところ、さらっと済ませたのは賢明で、さすが可歌先生!

――いろいろな感じ方はあると思いますが、お話として
朱音姫の白陽国への腰入れ願望とか内紛に関する部分あっさり進んだことにより、
私の中では、よりくっきりと朱音姫の立場や背景が明確になりました。

つまり、朱音姫は炎波国の次世代の重要人物であり
(継承者である姉の補佐役という重要ポジション)、
狼陛下と同じく革新的、つまり
従来のものの味方にとらわれない自由闊達で柔軟な思考力を持ち
信念を貫く行動力を持つ、
(ついでに、狼陛下は二人きりのとき朱音姫を女として相手にしてなかった)
…ということが印象づけられたわけです。

第二部・新婚編のプロローグとしてこのお話がきたことで、
自分なりに今後の展開を予想?してみますと
これまで第一部では主に国内でのお話を綴ってきたので
第二部の舞台はもう少し広がって外国との交流の中で、二人の愛が育まれるんじゃないのかな、ということです。

(えてして予想というのは外れるものですが、たぶん、ここは外さないで済むんじゃないかと思うんですが…)笑

今後のお話の展開で、陛下と夕鈴が諸外国との交流を広げる上で
炎波国も一つの『前ふり』なのかもしれません。

ストーリー展開という面で
今回の一連のエピソードが簡素すぎると感じた方ももしかするといらっしゃるかもしれませんが、
個人的にはいい感じのバランスだなーと思いました。

文章であれば、細かい設定付け加えたりお話もどんどん進められます。
(読み手も自由にそのシーンや背景を想像したりできる)
ですが漫画描くのはとても労力がいるし、
心象的には『シーン』とか『絵』で表現されたものが一番心に刺さるので、
あまり複雑な設定で説明コマとか
ドロドロした話とか徒労なシーンよりは、
個人的には楽しくて癒されるものが嬉しいです。

そういう意味で「狼陛下の花嫁」というお話は
陛下と夕鈴が主役。
お二人の愛がメインディッシュでございます。

ですから朱音姫は魅力的な脇役として、お話を盛り立ていただきたいなーとおもいます。

というか、周辺の細部にうっかりスポット当てちゃったり、作り手側がこだわりすぎると、
読者が置いてけぼりになっちゃうのですよね…。
(反省しないと)

つまり朱音姫の使節団のお話は、第二部のオープニング導入パートとして「第一部とは舞台が変わりますよー」というお知らせ(プロローグ)ですね。
諸外国とのかかわりでお話進んでいくのかな~と…まずは、まと先生の創造される世界の門の内側に招き入れていただいた感じです。

ここから奥座敷に通してもらうまで、景色を楽しんでゆきたいですね。

そういえば、第一部の瑠霞姫のお話の時も
「何かすごいことが起きるのか?」と構えていたのですが
存外サラッとまとめちゃった薄口仕立てに
一瞬「あれ?」と思ったものです。

でも、第一部という長いお話の中で考えると、主役の二人をかすむことなく際立たせ
そのあとの二人の心の変化とかに説得力が出たのではないかなと。
あのお話があったから、主役の二人の心の裏側をあれやこれや想像しながらいろいろ楽しめたように思えます。

まだ、あのころは片思いでしたね。
夕鈴が片思いを自覚して、でも陛下の気持ちはどうなんだろう
夕鈴(も読み手も)モヤモヤしていたときの瑠霞姫タイフーンの挿話
――瑠霞姫の催したピクニックで数多の美女に目がくらみ気後れする夕鈴とは対照的に、それらには一切目もくれずただ一人夕鈴につき進み(←)、あまつさえ衆目での口づけをしてさっさと去る陛下の漢気に惚れなおす私でございましたが――
あのエピソードがあったことで、その後、陛下が夕鈴を手放すとき(そうそう、嫁ぎ先を紹介してもいいとか言いだしたりしましたよね)陛下の言葉の裏に、彼女に対する思いやりというよりもっと強い…執着?があって、それを自ら諦め断ち切ろうとしている陛下のストイックさというか苦しみとか垣間見えて、切なく悶えさせていただいたわけでございます。

第一部の最後まで目が離せなかった理由の一つに、瑠霞姫のご活躍があったからではないかなと、後になって思う次第です。

第二部の舞台が諸外国という予想のもう一つの裏付けが
妖怪妃の逸話が、国内のみならず外国まで伝播した、というアレです。

つまり『ジャ◎アン効果』。
――いい人がいいことをするより、悪ガキのジ★イアンが(ごく稀に)良いことをした方が評価を高い――というあれです。

素朴な夕鈴が陛下の側にいることについて、国内でもあれだけいろいろあったのですから、諸外国に出ればますます誤解もあることでしょう。
そのためにもしっかり『妖怪妃』の噂を広めていただいて、今後そのどんでん返しで夕鈴の美徳(素朴な人の好さ)が光ることで、国と国を結び白陽国を繁栄に導き、ますます狼陛下からの寵愛を賜ること間違いなし!――と想像するおりざでございました。

おあとがよろしいようで。

*

先月のLaLa3月号(1/23発売)の狼陛下感想、いまごろですが。


こんにちは。
この日記は、半月前の1月発売号の感想です。
ネタバレになりますのでコミックス派の方はご注意下さい。

1月23日発売のLaLa3月号の狼陛下の花嫁を読んでぶつぶつ呟いてたやつです。
(某さまともにょもにょしてたそのままっぷりです)
いまごろですね、でも今日は ララ寺の早売りなので(気持ち的に)そのまえにメモしておきます。

あられのない素直に感じるがままの読後メモなので
本誌を読まれた後にどうぞ

あくまでも個人の印象ですよ
(勝手に書き散らしています)

みなさんはどう思われたのかな、気にしなかったかなとか、別のところに突っ込みありとか、いろいろご意見ご感想あるかとおもいますし、
個人的にはそのあたりお伺いしたいところ(笑

<感想>
・白陽国は格式が高いのね
・朱音姫の武器ってなーに?
・なんでヘーカはそんなに怒ってるの?

です。

格式高い国でありながら
軍事力で国の掌握を行っている狼ヘーカの御代は
つまりいわゆる恐怖政治に近い?
のであれば
好き勝手やってる(ととられてもしかたがない)ヘーカに対する
国内の古参の水面下での揺らぎや、
諸外国からの圧力や介入とかが
やっぱりこれから二人の愛を揺さぶるテーマなの?…とか

今回のシリーズのしょっぱな、
隠密(ネコ目君とか)放たれていたので
諸外国の介入によって夕鈴の立場が揺すぶられるのがテーマなのかな?

朱音姫の訪問についても
最初はなんとなく「あっちの国(王あるいは王宮)の意向なのか?」と思っていたのですが
『誰も気が進んでいないのに』朱音姫だけがやる気というのはどういうことなのでしょう。

――???

このあたりも何やら曰くありげですね。

例えば
過去、どこかで接点があって(ある青年と某国の姫との出会い…どこかで聞いたことのあるような?)
朱音姫が一方的にヘーカを好きになっていた?…な訳はなさそう。

また例えば
A)朱音姫に他の縁談が持ち上がってていやーな相手を断るため
あるいは
B)身分の低い(例えば側近の誰かとか)に姫が秘密の恋心を抱いていて、身分の差はいかんともしがたく、恋心を断ち切るため、誰にも有無を言わせない絶対権力者であるヘーカを当て馬に?

(…などなど、ありがちなストーリーをつらつらとあげてみましたが、全部覆ったら面白いですね)

分かりません。

でもなにかきっと、理由があるんでしょうね。

空回りしてる理由となる背景の糸がほぐれれば、
朱音姫も「狼陛下の妃になる」という野望から解脱して
夕鈴にとって「いい仲間」になるのかな…と先の展開を妄想したりしております。

それから
側近に「幸いにもあなたには武器がある」とかいわしめる
朱音姫の「武器」が何か、すごく気になりました

国対国の駆け引き(例えば経済、軍事、領土などの国益との天秤にかけて)に持ち込んで「正妃に迎えざるをえない」という路線かといえば、ここまでの話の運び的にはちょっと違う感じ。

お嫁さんとしてのステイタス(楽や書、家柄)などを武器にするのは紅珠の二番煎じ。
ハチャメチャな朱音姫がそのカラーで押してくるはずもないし。

では、何か特殊な武器とか拳法の扱い手?
…いやいや。いくら元気の良い姫とはいえ、戦場の鬼神と呼ばれるヘーカに、どんな武器であれ腕力の真っ向勝負を挑むのはさすがに難しそう。

となれば、
残るは「ヘーカを篭絡するからめ手」として威力を発揮する後ろめたい黒手腕系の武器なのかしら?…などなど妄想が膨らみます。

デュエル系?
(例えばカードやすごろくとかの賭け事に持ち込んで、相手を負かす)

「男性を落とす手練手管の達人」超お色気路線は朱音姫には荷が重い(ギャップが大きい)うえ少女漫画では扱いづらいドロドロ感もありNG。

「毒薬(or媚薬)の達人」は、氾家の桃花ちゃんがもうやっちゃったネタですし。

あとは「催眠術の達人」とかのセン、あり??とか、ですね

最後の切り札「超能力!」…は無し?とか。

個人的には「催眠術」か「超能力」おしということにしておきます^m^
(二次的には面白い)

あと
なにより一番気になって入るのは
「ヘーカは何を怒っていらっしゃるんでしょう?」
です。

外国から妙齢の姫が乗り込んできたとなれば
老子、蘭瑶さま、紅珠らによる入れ知恵など、あって当たり前の状況。

ヘーカには
夕鈴があんなふうに自分からすり寄ってくる理由なんて
すぐピンときてもおかしくないはず。

現状、公式の場ではイチャイチャモードでバリアー張って煙に巻き
ヘーカと姫との個人的接触は皆無に等しく
浮気するにしても成立させようがない状況下ですし

「浮気を疑う? なーんだ夕鈴ったら、やきもち焼いて。可愛いなぁ、もう」とか思っても
浮気を疑われたことを怒るような器量の御方とも思えなくて…。

(そもそも以前は浮気を疑われたら、あわくって必死で弁明してた小犬さんでしたのに)

うーん。
分かんないです。

次号が気になる――!!

*