つぶやき


みんなの本を作るのはたのしかった

調子に乗ってやりたいことが一つできました
ちょっともそもそ
してみようかなあと

もうすこしくっきりしてきたら
また。

(日記)


お久しぶりです。夏休みにはいっております。
近況報告


とらの取寄せ

とらさんで取り寄せ(2016年07月26日 ~ 09月02日受付)注文が始まっております。

前回の取り寄せで余った2種類の本、各ほんのわずかですが出品しています。たぶん子犬ファミリーはこれが最後ですので宜しければお早めに…。

子犬ファミリー・青の庭 総集編 (出品数1冊)

子犬ファミリー・青の庭 総集編

あいつとオレWPストリーム(出品数7冊)

あいつとオレWPストリーム

とらの取寄せの期間が9月2日までと今回長いので、集計で手から納品、仕訳して発送という手順上、ご注文された方へのお届けは9月半ばころになるかとおもいます。長く御待たせしちゃうかもしれませんがノンビリでいいよーというかたはどうかお手にとっていただければ幸いです。


秋の新刊(延期の件)

以前もちょっとそんなことを日記に書いたので覚えてくださっていたら申し訳ありません。

1)2016(H28)年10月のスパーク(東京)合わせの織座舎の新刊は延期になります。

2)同じくスパークあわせで某SNS内のコミュでアンソロ本を出す企画も延期になりました。
こちらの方の原稿は既に書き終えているので、あとは本が出るかどうかというあたりですが恐らく3月のHARUコミで発行される予定と伺っております。

10月に発行予定だった織座舎の個人誌(タイトル(予定)「失われた欠片 総集編/新書版」)
実際に印刷所までおさえてあったんですが
今回委託予定先様がスペースを確保できなかったため委託できなくなり
来春までのイベントとは私の方でも予定繰りがうまく合わなくて一旦白紙に戻しました。

発行予定していたのは2013年頃にブログ公開した「失われた欠片」「セピア色の語り部(ぬくもり、続ぬくもり、愚かなる賢王)」に加筆修正を加えた総集編と、もしかしたら書下ろし。

書下ろしは、夕鈴と出会う前、殺伐と戦場での日々をおくっていた王の息子の辺境時代のお話を書こうと随分前から温めてはいたのですけれど…なんだかいろいろ。
そのうえ新刊本自体の企画がぽしゃってしまったので、幻の書下ろしになる可能性があります(笑

地方在住なのでなかなかイベント事に絡みづらいのが辛いところ。
それでも全とら委託でいいから出していいよ、というお声がありましたら細々とでもイベントとは別に… とは思ったりもしないわけではありませんが、一度座りこんじゃうとなかなか腰が上がりません(笑


プチオフ会

先日、関西圏でランチしがてら超ミニマムなプチオフ会。
お相手してくださったのは読み手さんで普段あまり表には出てこられない御方ですがお会いしてお話できてとても楽しかったです。
仕事前の3、4時間という制限もあって、現実世界の時間は無情にもあっというまに流れ去る~
なんだかくだらないことばかり話してしまって、肝心の今月号の深読み話とかの感想会とかあんまりできないうちに時間がきてしまいました。あゝ無常。
またいつかこんなオフ会ができたらなあと思います(*´ω`*)

*

(つぶやき) 


こんな日記とも呼べぬ内容ですみません。

あれ、SNSお休みですか?
入れません

先週から、黒の三連星にのジェットストリームアタックをエンドレスでかまされてるような日々でございました。
ハードな強行軍をくぐりぬけ、いやしの扉に手をかけたのに。
某所にアクセスできません…
私だけですか?
…ああ、とかいっているうちに
事後処理と次がとんできたので。これにて失礼いたします

2016/4/22 拍手御礼


Fullむんっさま

拍手コメント、いつもありがとうございます。
お尻叩き李順さん役は無理でも…とのことで応援ありがとうございます

おかげさまで10/9のスパークスでSNSさんのコミュで企画してるアンソロへの参加と
本も若干委託受け入れしていただけそうなので
そのあたりを目指して頑張ってみようかと思っています。

某SNS内某コミュのほう、ほんとう温かく優しい方ばかりなので癒されて、萎えきってた萌え心や創作意欲もすこし元気になってきました
そんなわけでいろいろ甘えさせていただいちゃってます。
波及効果で
最近コミュのデジ絵隊に入ってムラムラとお絵描き気分が高まってきております。

…といっても。古い絵を掘り返してデジ絵加工で遊んだりするだけなんですけどね(笑

放置で錆びきってますけど、挿し絵受注もいただいたので
お絵描きもちょっと復活したいと思っております。

「ラビリンス」
カスカスに心が枯れきってたので、ネタがない。のでお題ったーを利用したところ
まあたぶん書く気するようなネタは振られないだろうなんて眉唾だったりもしたんですけど
いきなり一発で「書けそうな気がする」3つのお題と遭遇。

それでこれまた久しぶりにSS書いたら、
むくむく構想が膨らんで、短編では収まらなくなりそうに。

結局連載のGoサイン出しちゃったんですが、いろんな意味で「書けるかな」と不安でした。

続けてもいいのよみたいなコメもいただいたので尻馬に乗ってシリアスパートからいきなり7人の小人さんが出してみました。

この辺りでたぶん読み手さん二極化「あー、またこの人。ついてけない、さいならー」と思われるかなとは思ったりもしたんですけど
書きたいこと書くのが一番のリハビリかなと思って10回位でまとめてみようかと辛抱していただいております。

次の次で最終回です。

久しぶりに書けて楽しいなあと思ったら
途中、SSも浮かぶようになってきました。

精神的にちょっと一山超えたような気がします。

辺境のこの地にわざわざ足をお運びくださるみなさまの応援にいつも感謝です。

ありがとうございました。

 おりざ拝

[日記] にっき


こんにちは

このような侘しい辺境までご足労いただきすみません

先週は平日5日連続でアップして
週明け さあ来い、あれ?ジリジリ…という方もいらっさるのか?
やぶさかではございませんが、
今ちょっと小さめの山と雑務に囲まれて追い込まれてます
ごめんなさい

花見にうかれて浮上したのに
これでは溺死ですね
それも、スプラッシュなネズミ―ランドじゃなくて
静かにデキシーランド 
ジャズじゃなく、ここはシェイクスピアか
ああ、おふぃーりあ
哀れ、美しい歌から泥まみれの死の底へ引きずり下ろされるのですね

ああ、そんな美しくも悲しいシーンが目に浮かびますけどね
夕鈴…いやここは、陛下の方が似合うかも

いつか短編かければよいな。ネタ、メモメモ。
(とここに書いた時点でもう成就かも)笑

煩悩で悩殺中です

というわけで、
今日はラビリンスの続きアップは無理っぽいので
先にお詫びまで。

どうかみなさまお元気で…

生存報告と虎さんお取り寄せ2/14-2/23のお知らせ


寒いけど日差しが春めいてきました。

まずは無沙汰のお詫びを。

生きております。
今年初めての投稿でしたか――(ガーン!) これはこれで少しショック。

生存報告とぽそぽそお知らせ

活動停滞中ですみません。
別の次元でいろいろ忙しくしております。一方体力は下がり、他方仕事は増すのでにっちもさっちも。
本誌も早売りで目を通しているんですが、感想を脳内でまとめる時間がないまま、次、次と襲われて、時の流れに身を任せております。
お話で思い浮かぶネタもありますが、流れの波間にそよそよと散逸してゆきますよ――(だめじゃん)。

ときどき紙媒体の過去の作品が手に入らないかというご質問もいただくことがあるので、申し訳なくていっぱいですが、下記お知らせです。

虎さんから2/14~2/23の期間、取り寄せ販売が行われるとお知らせをいただきました。
2015の秋頃イベントに出たいなぁと思って(結局日程が合わず出られませんでした)一包み残していた「小犬ファミリー」と、もう少し前に出した本で手元にごくわずかずつ取り置いていたものがあります。虎さんの取り寄せ販売は1冊からでも出品OKというシステムゆえ、ありがたく出品させていただくことにいたしました。
(ご注文期間を締め切ってから、お届けは3月上旬頃になると思います)

——————–
<2/14~2/23 取り寄せ予約販売 出品予定>
てすさびの 総集編
短編集Ⅰ
王の環 総集編
あいつとオレWPストリーム
白の国 サイドストーリーズ
小犬ファミリー・青の庭 総集編
——————–
<出品中>
パラレルアンソロジー 現パラWORLD
——————–

※各々の出品数は、まあだいたい少部数です。なかには1、2冊とかいうのもありますが枯れ木も山の賑わいということで…。

どうか皆様もお元気でお過ごしくださいませ。

*

[どうでもよいお話] 二次創作のオリキャラ観


二次創作のオリキャラ観を、ちょっぴり。

だいぶん前ですけど、あるイベントでの光景。

机の上に積んだ本を指差し
「オリキャラは(でていますか)?」と尋ねられ
「はい、サブ(キャラ)で一人…」と答えかけた途端
「じゃ、止めときます」

くるりと踵を返して列を離れて行った方がいらっしゃいました。

(オリキャラはでるけど、ほんの少しだし。

…ちょっぴりチートで印象的というのは否めないけど
でも原作キャラ中心で、それほど悪さしてないし…

自己満足だけど
面白く書けたんじゃないかなって
頑張って書いたお話なのに…
「オリキャラが出る」という一言でパラリと目を通すチャンスすら戴けないんだ。
ああ、残念。
せっかく手を伸ばしてくださったのに…)

と、思わずつぶやいたものでございます。

それ以来、
二次創作におけるオリキャラについて
自分の中での存在意義とか必要性とか扱いとかetc…
少しずつ思うところが増えました。

ちょっぴりググってみれば
「メアリー・スー(Mary Sue)」という用語があったり。
果ては「Mary Sueテスト」なんてあったり。

人の考えはそれぞれですし
そもそも二次創作というのは好き勝手やればいいこと、だとは思いますけど
愛深き創作活動ゆえ、各々信じるところ、つまりポリシーというものがございます。

かくいうわたくしも
書く上で「歯止め」にしている(漠然とした)境界線というものが心の中にございます。

では、結局
どこまでオリキャラは許容されるのでしょうか、と
ふと考えてみたりしたわけです。

愛があるから創作意欲があふれ、
生まれちゃうのが二次創作。
「二次創作の出発点は、原作への愛」

ですから

「原作キャラの完結後の後の様子とか、新しい家族とか、出てきてない縁者の話とか読んでみたい(書いてみたい)」と思う一方
「原作(キャラ)への愛があるのなら、なぜ関係ないオリジナル・キャラクターで都合よく話をすすめるの?」という気持ちも物凄くよく分かるーって思います。

また
原作キャラのオリキャラ化も。

原作キャラの性格や、好み、口調とかの設定が全く違うキャラと思えてきたり
「名前使ってるだけで、この登場人物、全く原作キャラとかけ離れてるじゃん?」とか
そんな延長線上に、家族や恋人や友人などの重要ポジションにオリキャラが入ることへの違和感とか、原作萌えに水をさされる気がするというのも、人によっては十分あり得ることでございますよね…。

そういうのは、まあ手っ取り早く「読まなければ良い」という極論が出たり(笑

パラレルだとか、設定変更とか、お話の前にタグ表記や前書きで表記したとしても
長すぎれば作品として興が醒めますし

かといって、たまたま読み始めていただけたものが心に染まなくて
大ハズレさせちゃうのも申し訳なくて、ですね。

いえー、
書く側も、読む側も
もっと気楽に二次創作とか和気あいあい楽しみたいものじゃあないですか?

と、まあ…つらつら
つまんないことを考えたりしたわけでございます。

さて。

読み手さんもそれぞれで、
いろいろな見方はあると容認したそのうえで、
『私的なラインを探ってみよう』という趣旨のもと
ザックリ判定を という企画。

オリキャラに対する許容範囲?とお見受けするポイントとしては

『原作キャラがメインで、物語の進行上必要となる脇役としての登場』はIN。
(原作キャラを彩るアクセサリー感覚の登場、或はモブで横切るとかはセーフ)

『原作キャラそっちのけでオリキャラが大活躍』はOUT。
(…それはもう書き手さんの「一次創作」では、という考え方。)

『原作キャラと直接的かつ濃密な関係性を持たせる』のはOUT。
(…例えば、オリキャラが、原作主人公の恋人、親友、親子設定などは、ちょっとね…と取られる感じですかね?)

わー、汗ダラダラ…。
厳密に申せばミゴトに禁忌を冒した事ばっかりかもしれませんねー
でも
自分なりの基準は、やっぱり守りたいと思っているんです。

それは
――――原作キャラほぼ関係なくオリキャラ主導でガッツリ話を取り回すようになったら
もうそれは『二次創作というよりはオリジナル作品(一次)』
という基準

――――というのが目安かなあと、最近、私の内では落ち着いております。

以上は、
他所さまに望む、とかではなくて

 自分が 今後 書く際、目安にしたいライン、というだけです。

非現実の楽しい世界ですもの。

「いろんな方に読んでいただければ嬉しいし。
二次創作活動のスタンスはここら辺なのかな」と思った、という…ほんとに、つまらないお話でした。

「どうでもいいから、
次、書け」
というお言葉の方がささります(笑

*

[日記] 11月、生きてます


ずいぶんお暇をいただいてしまいました。

それでもって
ここで気の利いたSSの一つでも置けばよいのに、
せっかく覗きに来てくださった方がガッカリされる様子が目に浮かびます。

本当にすみません。

リアの方が拡充しすぎ(リア充とは程遠いあたり、過酷なだけ)
一日が24時間からはみ出していることに起因いたしております。

一つのことしかできない単細胞なので、片や仕事に発奮している最中に、もう片方で脳内メモリーを萌えに振り分けたりできるほど器用じゃない。
体壊したりするレベルで忙しかったので気持ちのゆとりとかが萎えてなかなかうまく生まれてこない(いわゆる乾期)。

以前のお話の直しとかは、まだ行けるんですけど…
フレッシュな新鮮素材が今扱えなくて。
本当にすみません

正直、スケジュールをざっと先まで見渡しても
少なくとも今年度はことごとくイベントとご縁がなく、どうやっても絡めそうにないのです(涙)。

ぽつぽつ、秋ごろから校正に入ってるお話はありますけど、2カ月たっても牛歩状態。
特に期限も目標もない独りぼっちの作業は、尻叩く必要がないので、ますます間延びするばかり。
本にできそうな目途が立ったらたらまたご報告します(*´ω`*)

 とりあえず元気で復帰しております~のご報告まで。

   おりざ拝

[近況] ていねん


こんにちは。
いつもご訪問くださりありがとうございます。
連載中断(不本意ながら)のままご無沙汰してしまってすみません。ご心配くださってる方もいらっしゃるのに不義理してほんとうにすみません。
今日はちょっと会社のパソコン昼に借りて(内緒)
とりあえず近況報告とご挨拶まで。

ご興味ない方はどうぞスルーしてください。

***

さて日記のタイトルは
定年、ではなく、諦念(ていねん)の方です。

(諦念:絶望を受け入れること、観念する、お手上げ の意)


先日自宅のパソコンが突如お亡くなりになりました。

(お亡くなりになったPCさんの電源が入れられない状況なので、データの救出がままなりません)

仕事の方は相変わらず日々ありまして。まずそっちを順番に片付けないと、ですねー。

現状を保つ方優先で自転車操業中、復旧はいつになることやら…。

 

そんな状況のため
お話がぶっちぎれた状態ですみません。

取り出せたらと思うと(淡い願い)
新たに書きなおす気になれません。

残念すぎる自分で申し訳ありません
スマホでお話書くのは私にはムリのようです
不幸中の幸いといえばイベント向けの新刊本を出せた後でよかったです

入稿直前だったらと思うと冷や汗です
(ソフトが何も使えません)

そんなこんな言ってるうちに
「小犬ファミリー…」も委託先のトラさんで残部が一桁台になったようなので
娘を嫁に出した親的な気分ではちょっとホッとしております。

イベントといえば、
2015年は、激しくイベント日程と予定がカブりまくる年でしたー!
(S島館長さんと皆々様のご厚意のおかげでなんとか首の皮一枚でオフ活動させていただけました。ありがとうございます)

3月のプチオンリーにはなんとか参加させていただくことができて
(これは当初はカブってたんですが、後から予定が移動してくれて)
これはもう天からの恩恵だと感謝しております。

年初めの段階での見通しでは
1月もプチもダメ、5月もダメ、夏コミも冬コミもダメ、来年の1月も…とまあ、見事に被るかぶる。
「行けそうなのは10月の大阪だけだなー」と覚悟してたところ
3月のプチは状況が転じてラッキーでしたが、逆に10月は仕事が襲いアウト。

イベントは無理でも、気分だけでも10月あわせで本誌萌を発散しようか(薄いの書店委託か電子書籍でひっそり?)とか淡い望みもありましたが
パソコンさんの訃報で(ブログの更新もままならぬ状況を鑑み)
それも難しい感じになってしまいました。

でも
本家のコミックス最新刊第13巻がもうこれは神!!(涙)


狼陛下の花嫁 13巻 可歌まと(著)

何度も読み返してます
これだけで満足です(涙

*

[日記] 目処たたず


こんばんは… 
いつもご訪問くださりありがとうございます。

更新するつもりでしたが
突然のマシントラブルにより
暫く復旧に時間がかかりそうな雲行きです。

復旧の目処ですか? (*´∇`;);;!!

…アハハうふふ(;゚∇゚)
たっておりませんのよ

とりあえず今日は傷口に塩を塗り込んで(?)寝ます…

おやすみなさいませ…
orz

*