告知+おまけSS「常住坐臥」


年に1、2冊でよいので
みんなで本をつくりたらなーという趣旨でちょっぴり声掛けを始めた
狼×嫁倶楽部」というサークル。

とりあえず「今年の10月に1冊目の本を出す」という目標が固まりました。

狼陛下の花嫁という作品が好きで
思わず芽生えたささやかな萌え心を拾い集めて本にしたいという
内輪受けの小さなサークル活動

5月からいよいよ原稿募集開始です。

6月末までにざっくり原稿集める感じ。

いつでもメンバー募集中ですので、
ご興味ありましたら、こちらからどうぞ(´ω`*)

http://olz.link/oxykclub-001fme/01.html

サークルの方向性は下記の3点が柱。

CP「陛下×夕鈴」二次創作
全年齢向け
(自分の責任は自分でとれる個人誌と異なり大勢の方が携わることになりますので…)
仲良く

この範囲でゆるく遊んでくださる同人面々を募集中です。

初心者の方原稿化に自信のない方も是非どうぞ。

ガラケーやスマホでポチポチ打ってる方への原稿化バックアップもありますので
よかったらご検討ください。

誰でもご参加いただけます

作家さんだけが本を作るわけではないですものね。

「こういう時、どう思う?」なんていうアドバイスいただける読み手さん
イベント出店時「売り子やってもいいよー」という方もとてもありがたいです。

文を書く、絵を描く、同人交流、本づくり、頒布… などなど。
「何か参加したいなー」というお気持ちがあればぜひ一度のぞいてみてください。

「狼×嫁倶楽部」サークルへのご案内 こちらから

入口からテーブルまで少々長くて恐縮ですが
(まるで『注文の多い料理店』ばりに(笑))

お申込みいただきました方には
折り返しサークルよりご招待を差し上げます。

—–

さてさて

先日、某所にて浩大の素敵イラストを拝見した折。
おもわず妄想が爆発し、勢い献上してしまったというとっても短いSSです。

【浩大】【本誌沿い】
——-
常住坐臥~日常の一コマ~
——-

「・・・あぁ またお客さんか」

軽口を叩く彼は
あくまでも自然体だ。

胡坐をかいたまま音もなく
軽く肩を揺すり上体を起こす。

瞬きをしない彼の眼。

もし、客人に挨拶の時間が与えらたのであれば
鋭利な刃物のように切れ味鋭く暗い光を放つ無機質な浩大の視線に
ゾッと凍り付いたことだろう。

…だが、そんな猶予は微塵も与えられなかった。

「…まぁったく。
無粋なお客さんだっつーの」

「客」は音もなく膝から崩れ落ち、泥に頬を擦り付ける

「静かにしてくれよ、な」

…客の耳にはもう何も聞こえていない。

ざあっと樹冠を舐めるように強い風が拭きぬけ梢がゆれ
一瞬止んだ小鳥のさえずりが再び戻る。

定位置にストンと腰をおろした浩大は
スンと小さく鼻をすすりあげ、大きく伸びをする。

後宮の奥深く、誰も立ち入らないこの一角。

時折、ちちち…と微かにさえずる小鳥の声と
梢のざわめき以外は何も聞こえない。

見事な朱瓦の波うつ軒ごしの風景はいつもの通り。

瓦のように真っ赤な顔の妻を膝上に束縛し
この世で一番の幸せに包まれている主の姿を視認すると

彼は軽く目を閉じ、
再び気配を断ち世界に溶け込んでいくのだった。

(おしまい)

*

(日記)


日記です

リア多忙ではっと気がつくと日がどどっと流れています。

合同誌の編集が終わってホッとしたのすら、もうずいぶん昔みたいな気がしてぼーっとしていてすみません。
おかげさまで合同誌さんは印刷よていの分すべてお嫁入り先がみんなご予約で埋まりました。
※キャンセル待ちもおそらくご対応できると思われる冊数分だけお席を用意しましたので、今現在確定ではありませんがたぶん大丈夫ですので安心して今しばらくお待ちください
(協賛の現パラアンソロの受付は2月22日まで大丈夫です)

2017年の年があけたなーくらいの間隔なのに
1月はおろか、2月も下旬ではありませんか!?
もう次の本誌の早売を待ちの大勢にはいらねばぁああっ!

もうずっと長いあいだ、本誌は早売でゲットしていたのに。

先月はなんとも血反吐モードの結界に篭っていた(?)せいか
はっと人界で意識を取り戻したときには
通常の販売日だった、なんたる失態!でした。

今月はしっかり早売ゲットして、しっとり浸かるつもりです。

本誌の方
外国とか政治や陰謀がからんで話がふくらむのかなーと思いきや
ちょっぴり不穏なキャラは紛れつつものんびりお二人の世界はほわほわと暖かく
ほんもの夫婦になったくせにドキドキ甘甘モードでよいことです

さあ、とれたて100%あまあま成分を脳内濃縮でございます。
濃縮…濃縮して?

ごにょごにょ――(意訳)4月になったら表紙絵とりかかろうとペンタブ封印中なのに。4月になったらかけるのでしょうか?かくとなれば時期の問題とかブランクの問題とかではないんですがもうしばらくお絵かきしていませんしお絵かきだけでなくいろいろブランクがとかもしかして引退したのかとか――

いや、かけよ。
って突っ込むあなた、励ましをありがとう。

なんのこと? はあ、そりゃそうですね。わたしも気を失いかけています。

去年10月に出すとか言ってた新刊というかその昔ブログアップしていた「失われた欠片」をベースに書き直した総集編です。
まだバイト妃のころの設定です
今年の夏頃には出したいなあ…と思いながらも
イベントとか確定的な締切がないので、いつになるかわかりません。

中身は8割がたできているのかな
まあそのなんとか夏ころには校正終わらせられるかもという気分にもなりますが
表紙絵が運良く描けたら、出せるのかなあという気にもなるかもしれません。


いつも描き散らしてるので、どう描いているのでしょう?
運良く絵がかけたら、新刊企画も前へ進むでしょうか

タイトル通り失われたら欠片となって散ったと思ってください(笑)
みなさまも、あんまり本気にしないでいてくださいね…。

リハビリ
たとえば現パラをお嫁に出すとき
御礼カードのすみにもし落書きがあっても許してくれますか?
――なーんて、冗談です。

(知ってる方はご存知とおもいますけど)
ほんとうにただの早描き乱業なのでね。

綺麗なままお嫁にだしますのでご安心ください。

さて結界の方に戻ります
ではまた

お久しぶりです


ご無沙汰しております

ずいぶん長らくご無沙汰してしまいました。

単なる多忙です。
元気にしておりましたのでご安心下さい。

忙しさも加速がつくと体を保つのが大変ですけれども
ポジティブな忙しさであったこともあり
おかげさまで破たんしきらない程度で人の身にとどまっております(笑

とりあえず、大きい山を通り抜け
少し息抜きしているところです

次の山脈が次々そびえておりますけどねー

山脈を一つ増やしてしまいました
楽しいことです

2017年の展望

<先行コマーシャル>

宣伝御免デス
ちょっとだけ、お耳にささやかせてください ←


■1■ 合同誌、出します。たぶん、春頃。

仲間と作ります。

バラエティに富んだ本になります(*´ω`*)

具体的なご紹介は、また少し先でもよろしいでしょうか。
―――え?
では、あと少しだけ。

ランダムに出題された「3つの恋のお題」を元に、
素敵作家さんと素敵絵師さんが原稿をもちよった本です。

仲間とつくる合同誌で、
出版に係わるパートを織座舎が担当します

イベント合わせなし、
本だけ、フリーダムな頃合いで発刊予定です。

ちなみに、頒布に関しては別の方がご担当されています

頒布に関しての詳しいことに関しましては
担当の部署のメンバー中心で現在コツコツ環境整えているとおもいますので
こちらのコメント欄に「ここに1冊届けてください」とか個人情報なんか書いたりしちゃだめですよー←

ささ、こちらでお茶でも飲んでお待ちください
お座布団出し出し((ヘ^^)ヘ_。


■2■ 織座舎の新刊出したいなとかいう2017年の抱負。たぶん、夏頃。

「失われた欠片」の総集編と、プラスアルファで構成する予定

運がよければ書きおろしも入るかも
たぶん、たぶん…(;´-ω-)汗

ちなみに、
こちらの新刊もイベント合わせは『なし』です。

実は、某国内で年明けのご挨拶に
「夏の西のイベントに出店を目標に本を出す」などと
新年の抱負(たわごと)を書いちゃったのですけど

翌日(まるで見計らったように)
ジャストミートでスケジュールが飛んできまして

―――あえなく玉砕しました。

というわけで、出店は断念です。

こそっと出して
こそっと虎の穴さんに出すかもしれません、かもしれません
出せたらいいな、
だったりいいな… ←

気持ちだけ表明することで
自分を追い込むのでありました。


■ すみません、もう一つ、おしらせ

ブログ・ユーザー登録、いったん停止しております。

年末ころから急にスパム登録
(たぶん、ロボットかなにかで自動的にアタックしてくるタイプだとおもうのですけど)
が、ぽつぽつされるようになって気になっていたのですが
ここ数日、毎日大量に届くようになってしまったので――。

新規のブログユーザー登録は停止させていただきました。
申し訳ありませんが状況が改善する見通しが立つまで、上記の件、お許しください。

コメントは普通に書きこみできるとおもいます

ユーザーでないと閲覧できないページはほとんど動いておりませんので
新規ユーザー登録ができなくても大きな不自由はないと思われます。
ご安心下さい(なにをどう?)


以上、
2017年の初投稿が今頃で
あいかわらずのんびりしておりますけど
これからもまたーりとお付き合いいただけましたら幸いです。

おりざ拝

ラビリンス(9)


こんにちは。

赤十字 平成28年熊本地震災害義援金

診断メーカーの「1日1SSお題!!!」(https://shindanmaker.com/612794 ) より
「おりざさんは[失踪]と[音楽]と[勇者]でSSを書いてください!」で。

1)SS→連載になってます。
2)原作沿い→パラレルファンタジー
3)登場するオリキャラ?
<ツボから現れた7人の小人>
・先生:いわゆる老子のそっくり小人さん
・ごきげん殿:ごきげん度のオンオフが激しい狼陛下のそっくり小人さん
・くしゃ李さん: くしゃみをする李順のそっくり小人さん
・おこりん方(ぼう):おこりんぼうの柳方淵のそっくり小人さん
・ねぼ水(す)け:デフォルトで無気力な氾水月のそっくり小人さん
・隠(おん)とぼけ:とぼけた隠密浩大のそっくり小人さん
・でれすけ殿:でれてる小犬陛下のそっくり小人さん
4)夕鈴、小さかったり、大きかったり、忙しい。
5)あわや青慎との再会を果たそうかという時に、またもやツボに引きこまれて迷宮へ逆戻りした夕鈴と7人の小人たちは…というとこからです。

さあ、いよいよお話も終盤へ。


ラビリンス(9)

夕鈴が真っ赤になってうつむいた途端、グラッと世界がゆがんだ。

グルグルかき混ぜられるようにあたりが揺れたかと思うと、
夕鈴はポイっとどこかに放り出された。

「…ここは?」

見上げると、見慣れた天井。

机の上にはきちんと揃えられた筆と白い紙。硯には墨液がたっぷりと湛えられ、脇には水差し、手元には途中まで書きかけられた書が。

ほんの今しがた主が筆をおいて席を立ったか、黒々とした端正な墨痕はいまだ乾ききっていない。

それはまさに陛下の手跡、ここは陛下がいつも執務を取っている部屋だった。

いつ陛下が部屋に戻ってくるかわからない状況と思われたから、夕鈴は慌てた。
キョロキョロと見回すと7人の小人はあちこちバラバラに墜落して転がっている。

「ちょ、ちょっとみんな大丈夫?」

「ありゃ、ここは…」

「とにかく、急いで隠れないと!
陛下がいつ戻ってくるかわからないの、みんなの姿を見たらきっと大騒ぎに…!」

「なら、おぬしをはやく元通りに」
先生が言う。

「なるほど。夕鈴殿が元の大きさに戻れば…」

「じゃあ、早速――」

小人たちは懐から楽器を取り出すと
「ではみなさん、逆譜で弾いてみましょう。
少々難しいですが…」とねぼ水けさん。

「やってやれないことはない!
ともかくやるぞ!」おこりん方。

ごきげん殿の紅い瞳で視線を送ると、でれすけ殿がコクリとうなづく。
くしゃ李さんが

「では――くしゃんっ!!」

6人の小人たちはガクっと緊張が抜けた。

「おや、失礼」

くしゃ李さんはずびずびと鼻を拭きあげ再度楽器を構えた。

「改めてまいりますよ
さんっ、はいっ!!」

夕鈴は祈るように手を合わせ、その周りで小人たちが音楽を奏で始める。
♪♪ ~♪ 
~♪ ♪ ♪♪~ ~♪

ピクリ 夕鈴に変化が…

「成功じゃ!」

太鼓を叩きながら先生が叫ぶ。

「もっと大きく、もっと心を込めて弾くんじゃ!」

ぐんぐん夕鈴は大きくなり始めた。

「…あっ!」

夕鈴は驚いた。

「やめ、やめ、やめてくださ~~いっ!」
くしゃ李さんがグルグル腕を振り回し、ついでに大きなくしゃみも発射した。

音楽が止み、シーンと静まり返ったその中。

夕鈴の視界の中で、どんどんと小人たちが小さくなっていくのだ。
どんどん小さくなって

小人たちが豆粒のように――

「さあて、どうしたものじゃろうか…」
先生が見上げる。

「――ちょっとやりすぎちゃった?」
隠とぼけが、へへへと笑った。

夕鈴は背中を丸めて必死に天井を壊さないよう手足を突っ張っていた。

「ちょっと、これどういうこと――?」

王宮の高い天井を突き破らないよう腰をかがめて足を踏ん張っている彼女――大型巨人サイズになった夕鈴が叫んだ。

「これじゃあ、大きくなりすぎよ!!」

その途端、廊下から声がした。

「――その声は…夕鈴っ!?」

バンと音と共に夕鈴の足元にあった扉が開く。
陛下が部屋に戻ってきたのだ。

突然の狼陛下の登場に、小人たちは慌ててピュッと身をひるがえし、あちこちのツボや花瓶に飛び込んで身をひそめた。

「夕鈴、どこだ!」

「…」
夕鈴は返事ができなかった。

陛下が、小さく見える。

(へいか、だ――)

夕鈴は声も上げられず、唇を噛んだ。
頭上はるか上の天井から陛下を見下ろしている自分が情けなくてしかたがない。

(こんなに、会いたかったのに。
会って謝りたかったのに――)

ポロリと涙がこぼれた。
涙のしずくは夕鈴の頬を伝うとあっという間に滑り落ち
それが陛下の頭に直撃した。

いきなり頭上からバケツ一杯に等しい水(塩水)浴びせかけられた陛下は驚いた。

「なっ――!?」
と見上げればそこには…

「…ゆ う り  ん?」

瞳孔が開き切った彼の顔。

夕鈴の胸はドクンと音を立てる。

情けない
情けない
情けない
情けない、情けない――!

夕鈴はボロボロと泣くばかり。
絨毯の上にザバア、棚の上にザバア、と涙は滝のように降りかかる。
あっという間に政務室の中は大雨に降られようにびしょ濡れになった。

陛下は「はぁ」と息を絞り出すと、仁王立ちのまま夕鈴を見上げた。
この素っ頓狂な状況を彼は冷静に受け入れ努めて落ち着いた声で話しはじめた。

「君には…いつも驚かされる」

「ひっく、ひっく!」
(へーか、そんな落ち着いてる場合じゃないでしょ――!)
夕鈴はパニック寸前だ。

「夕鈴、探したよ。
そんなとこで何してるの?」

「へっ…へーかぁ――あああああぁん!」

堰を切ったようにあふれる夕鈴の涙は執務室を水浸しに。
水位は増し、陛下の膝を濡らし、ついには腰へと達した。

「夕鈴、落ち着いて」
動じることなく、ジッと紅い瞳で彼は巨大な彼女を見つめている。

「ごっ
ごっ


ごめんなさい…」

夕鈴は必死に謝った。

「君がいなくなったと知って、私の心臓が止まりそうだった。
無事帰って来てくれたのなら、それだけでいいんだよ」

「無事、じゃあ ありません…」

夕鈴は情けなくてますます泣く。

「何があったの? どうしてそんな風になっちゃったの?」

あちこちに筆や紙がぷかぷかと浮き、調度品がガチャガチャ音を立てながら渦を巻く。
陛下は肩まで水に浸かって、軽く手で水を掻きながら立ち泳ぎをしている。

「何がって…急に小さくなって、ようやく元通りに戻れるかと思ったら今度は大きくなって…」

「――ふうん」

陛下は小人たちの話を聞かされても
何事にも動じず、落ち着いている。

夕鈴は夕鈴で、陛下が何を考えてるのかますます不思議になったりもしたけれど。

一通りの事情を聞いている間にも水位はいや増すばかり。
陛下の顎が、鼻が、水に浸りはじめた。

「ダメ。このままじゃ、ヘーカ!」

夕鈴はとっさに彼を片手で掬い上げた。
夕鈴の掌の上で陛下は水を飲んだのか、せき込みながらも夕鈴についての対策を講じている。

「君の言う通り
小人 たち の
逆譜弾きの 曲で、 
き み が
大きくなったのなら
小 人  を探して
元 通り に なる
音楽、を」

「音楽?」
夕鈴は掌にのった黎翔を顔に近づけ、陛下を見つめた。

「君の話のとおりなら
…カギは、小人の音楽では――?」

そのあと彼は苦しそうにせき込んだ。
カタカタと軽く肩が震えている様子が見て取れる。

(びしょ濡れで、体温が下がってる…
このままお風邪でも召されたら――)
夕鈴は泣きながら焦った。

「小人さんたちっ――出てきて!
助けて――」

夕鈴は必死に叫んだ。

夕鈴の鼻先にプカプカ浮いてきた甕の縁にもぞもぞと動く小さな…
「先生っ!
くしゃ李さんっつ、隠とぼけ、無事だったのね?」

甕の縁には、3人の小人がつかまっていた。
「おお。わしらは無事じゃぞい」

「…にしても妃たる者、そのようなガニ股で――全く気品というものがありませんねっ…っくっしょん!!」
水にぬれた前髪をかきあげながら、くしゃ李さんは盛大なくしゃみをした。

「今そういう状況じゃないだろってば」
ニシシと隠とぼけが笑う。

机の上にあった水差しが斜めに水面を漂ってきて
そこからも2人の小人が顔をだした。

「ねぼ水けさぁんっ
おこりん方!」

「池は嫌いではありませんが、私は魚ではありませんので
自分が泳ぐのはどうも…」
それでもふんわりとした笑顔のねぼ水家さん。

「…くそっ!貴様が流れそうになったから助けてやったのを忘れたか?」
おこりん方が彼をグイグイと押した。

夕鈴は5人の小人を指で掬い上げた。

小人を目の当たりにして、陛下は動じるどころか、
なぜか厳しい目つきで5人の小人たちをジロリと睨みつけた。

掌の上の上は濡れそぼった5人の小人と陛下が対峙し、今まさに冷たい嵐が吹き荒れた。
ねぼ水けがガクリと意識を失ったように夕鈴の手の上で伏せて固まった。

だが夕鈴はそれどころではない。

「…あと二人。
ごきげん殿!
でれすけ殿ぉっ」

プカプカ部屋中のものが浮かぶ政務室の中で
夕鈴は二人の小人を探して絶叫した。

*

(次回、最終回)

はっぴーはろうぃん!


このところ無沙汰を重ねまして心苦しくお詫び申し上げます。

とりあえず、仮装中の某SNSのネタバラシ?的なものをお一つ。

151023_douga04

ハロウィン用に、なんとかこれだけです…。

近況は「みっちりぎゅーぎゅー」
ここ数日、秋の一山を超えて、次の晩秋のヤマまでちょっぴりあいた時間で某SNSにようやく入れたものの、メッセや連絡ごとカキカキでタイムアップ、創作活動までの道のりは遠い――。

脳みそがリアにスイッチしてて妄想脳メモリー分が削られてるのでしょうか(萌えフィーバー封印中)。

お話がポロポロ出てくればいいのに――orz
けどお話ポロポロでてきたら仕事にならない~~ という悩み中です。

 

配れるアメは…フレッシュなのが用意できてないの。くすん。ごめんなさい。

ビンテージもののゆるーいのでよろしければ(去年とかおととしの落書絵)…
既に「見たことあるよー」とか「こんなんでアメになるかー」とガッカリされるかもしれません
すみません先に謝っておきます

――え、と。
こちらにのせちゃうと
オープンになるので
そういうのは「アメ」じゃなくなるですか?

では
SNSのコメント欄またはメッセ欄からおねだりしてください
見つかるでしょうか? ヒントはアイコン?(笑

出没頻度はちょっと偏ると思われます。

速攻お返事できるタイミングと、放置プレイ続くタイミングがあるかもしれませんが
どうか気長なお遊び気分でお付き合いいただければ幸いです

寒くなってきました

どうかみなさまお元気でお過ごしください。

*