なんとか2本載せます、サークル誌「狼と兎の恋綴り」第3号最集合のご予約開始について


大変ご無沙汰しております。
リアが多忙です。
2018年になったばかりと思っていたら
もう半分です
というかもうすぐ夏休みなんですね…olz

でも、ちゃんと一つ、やることできました。
サークル誌、第3号の原稿です。

書き下ろしのSSを 2本 かきました。

1本は「白昼夢のヴァリアシオン」というタイトルのSS。

「白の国 サイドストーリーズ」とカラーが近い感じの、陛下のモノローグばっかりむにゃむにゃ…
本誌沿いです。上記の「白の国」(2015年5月3日発行)の本、紙媒体は完売しましたが、電子ブックスはこちら。電子書籍は便利なことに試し読みもあり。

もう1本は「小犬ファミリーよ、永遠に」という題で1本。
「小犬ファミリー」の書き下ろし。

もともと小犬ファミリーのお話は2013年5月初出のブログで掲載していた作品です。
「狼陛下と兎嫁なら、さぞ多産系のにぎやかファミリーになるだろうな」という想像がコンセプトでした。本にする際、かなり大掛かりな加筆修正し、生みの苦しみを再び味わいました(笑)大好きなテーマでしたので苦労も楽しかった思い出です。
最後の最後※(になるのか?)また再びこのお話がかけて本当に嬉しいです。
今回のお話は、本に載せたお話群の続きというか、中間の話になるかと思います。もちろんSS単体でお楽しみいただけますので、ご安心下さいまし。
ご紹介までに「小犬ファミリー・青の庭 総集編」の電子ブックス、まだ一応生きてます

最後の最後…とか言ってますけど、実は中二階のうりうり様とこの企画の「感想アンソロ」にも書かせていただく予定、にはなっております (*´∀`)
それと、印刷所さんのポイント少し貯まってるので、個人誌、何か出せたらなあ…なんて思ったりもしないではないのですが…はてさて??? あまりに不確定なことばっか垂れ流してすみませんolz

さて、下記はガッツリ確定済み、ちゃんと出ます!…笑


狼と兎の恋綴り 第3号

6月23日 午前0時 予約開始
(ご予約受付期間:2018(H30)年6月23日~7月25日)

※ ご予約は 6/23~7/25期間内に カート よりどうぞ


8名の作家による、『狼陛下の花嫁』の二次小説ファンブック。
狼×嫁倶楽部による、会誌第3号・最終号です。
恋の物語がちりばめられています。

——
狼×嫁(うさこい)倶楽部
サークル誌「狼と兎の恋綴り」 第3号

[発行日] 2018年8月15日発行
[概要] A5判 132頁 オンデマンド印刷(表紙フルカラー、本文黒)
[内容] 全年齢向け

[表紙イラスト] 麻杉慎
SS11本を収録[書き手]うりうり、おりざ、さくらぱん、たつぼん、ぴいこ、みね、瓔悠、
リチア(あいうえお順)

■発送はスマートレターで発送いたします。 ※お荷物番号の追跡なし
送料&梱包手数料:全国一律200円(1Kg、厚み2cmまで)
■決済方法はゆうちょ銀行を予定しています。
ご予約確認後、あらためてお振込み先等をメールにてお知らせいたしますので今しばらくお待ちください。

収録(予定)作品 一覧
作者:あいうえお順
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
1 遠く強く、高く、速く (うりうり)
2 白昼夢のヴァリアシオン(おりざ)
3 小犬ファミリーよ、永遠に (おりざ)
4 夏の夜に、恋の花咲く (さくらぱん)
5 花音 かのん (さくらぱん)
6 想いを形に (たつぼん)
7 いつまでも あなたと (ぴいこ)
8 愛の呼び名 ~廻る刻の中で その後~ (みね)
9 現世の君と既往の想人 (みね)
10 色濃く映る、藍の空 (瓔悠)
11 もしも、のはなし。 (リチア)

表紙:麻杉 慎
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
800円

現在、予約受付準備中です。
6月23日 午前0時 予約開始まで
今しばらくお待ちください。

ご予約は 6/23~7/25期間内に カート よりどうぞ

第3号は、夏8/19大阪インテ「SUPER COMIC CITY 関西24」の
「藍華&うさこい倶楽部」(スペース番号未定)でもお手に取っていただけます。

大阪においでの方はぜひスペースにお立ち寄りくださいませ💛
たつぼんさんはじめ、メンバー数名と会えるかも…?です

(夏の東京のイベント出店に関しては、担当していただけるメンバーがいない為、今現在白紙です)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

個人的に無念なのですけれども
私はインテの日にオシゴト重なっていまして(涙;)
行くことができません。

実は今回の第3号サークル誌をもって「 狼×嫁(うさこい)倶楽部」サークル活動を終えることになりました。

当初、第3号は秋の予定でしたが、本誌終了のタイミング的に
前倒しをして、夏のイベント合わせて3号をだすことになりました。

秋頃を楽しみにしていただいた読み手の皆様に、一足早くとはなりますが、
最終となる第3号は、書き手さんのページ縛りなし(これまではお一人あたりの投稿ページ数の上限がありましたが、今回は無制限)とさせていただきました。お陰様で1号、2号よりぐっとボリュームアップしております。

どうかお楽しみに♥


今回は宣伝ばっかりですみませんでした。

第3号の表紙は(ご紹介少し先になりますが)楽しみにお待ちくださいませ
私も日々追われまくってます…またおちつきましたら、出てきますね♥

*