[お知らせ] W新刊・ご予約に関する情報更新


こんばんは、おりざです。

宣伝ばかりですみません。宣伝です←

1)サークルショップ(自家通販)でのご予約
9月1日から 狼×嫁(うさこい)倶楽部 サークルショップカートより、
サークル誌「狼と兎の恋綴り創刊号(10/1刊)」と織座舎新刊「失われた欠片 総集編(10/7刊)」の抱き合わせ頒布のご予約受付が開始します。サークルメンバーがかかわった既刊等の在庫分もサークルショップにアップされる(かもしれません)ので、過去見逃してしまった作品などもあわせてどうぞ^^
http://usakoikurabu12.cart.fc2.com

2)イベント頒布
 10月の東西2か所でのイベントで実際にお手に取っていただけます。

 【東京】2017/10 /08
  COMIC CITY SPARK 12
 「三希×うさこい倶楽部」
 ※スペース番号等は分かり次第お知らせいたします。

 【大阪】2017/10 /22
  COMIC CITY 大阪112
 「藍華&うさこい倶楽部」
 ※スペース番号等は分かり次第お知らせいたします。

3)とらさん書店委託
織座舎新刊「失われた欠片 総集編」の予約受付開始しております。
※書店委託分は「おまけポストカード」はつきません。申し訳ありません。

※サークル誌「狼と兎の恋綴り創刊号(10/1刊)」は書店委託はありません。
 上記1)自家通販または2)イベント会場でよろしくお願い申し上げます。

—–

明日から新学期ですね。
ささ、今日は早くお休みになって!
素敵な秋のスタートをお迎えくださいませ。

ではでは

*

[新刊情報]サークル誌狼と兎の恋綴り 創刊第1号(2017年10月1日発行)


狼×嫁(うさこい)倶楽部 サークル誌
狼と兎の恋綴り 創刊第1号(2017年10月1日発行)

イベント、サークル自家通販 ★ポストカード付

詳しくはサークルブログへどうぞ^^

表紙(1・4) 表紙(1・4)

★特典★ ポストカード

狼と兎の恋綴り 創刊第1号 ★ポストカード付
8名の作家による、『狼陛下の花嫁』の二次小説ファンブック。
狼×嫁倶楽部による、会誌創刊号。
恋の物語がちりばめられています。

——
狼×嫁(うさこい)倶楽部
サークル誌「狼と兎の恋綴り」 創刊第1号

[発行日] 2017年10月1日発行
[概要] A5判 84頁 オンデマンド印刷(表紙フルカラー、本文黒)
★特典★麻杉慎さまのポストカード付
全年齢向け
表紙イラスト:麻杉慎
SS7本、詩文2本を収録
書き手:おりざ、沙希、さくらぱん、たつぼん、みね、瓔悠、リチア(あいうえお順)

詳しくはサークルブログへどうぞ^^


頒布の委託先(予定)
■ イベント (10/7スパーク東京、10/22インテ大阪)
=東西イベントご来場でお求めの皆様には= ★特典★麻杉慎さまのポストカード付
COMIC CITY SPARK 12「三希×うさこい倶楽部」NEW
COMIC CITY 大阪112「藍華&うさこい倶楽部」 NEW

■ 自家通販(サークル本と抱き合わせ分限定)
「狼×嫁倶楽部 狼と兎の恋綴り 創刊号★抱き合わせ頒布」★特典★両面ポストカード付
→ 詳しくは狼×嫁(うさこい)倶楽部ブログhttp://usakoikurabu12.blog.fc2.com/)をご
覧ください。

もくじ もくじ


*

[新刊情報] 失われた欠片(かけら)総集編


大変長らくおまたせいたしました。4年の歳月を経て、あなたの元へ…。

失われた欠片 – The Missing Piece - 総集編 NEW

単行本化構想から丸2年間。新刊発行のタイミングを2度失い、3度目の正直、いよいよ出ます。

幻の作品「失われた欠片」「セピア色の語り部シリーズ3本」を収録。2013年の本誌沿い設定(バイト妃)、黎翔×夕鈴の王道CP、せつない恋の物語(全年齢向け)
秋の夜長のお伴にどうぞ…

[新刊情報] 失われた欠片 – The Missing Piece - 総集編

発行:織座舎
作者:絵と文 おりざ

<データ>
[発行] 2017.10.7初版
[対象] 全年齢向け
[概要] 新書判 192頁 フルカラー表紙+ジャケット付(オンデマンド印刷) / 電子書籍e-STARBOOKS
★特典★ Wポストカード付(表黒Ver.+裏白Ver.)※東西イベント、サークル自家通販抱き合わせご利用の方に限る(とらさん書店委託、電子書籍には、おまけのポストカードはつきません)

2013年ブログ掲載から4年を経て大幅加筆修正を加え待望の単行本化。
臨時妃時代の長編「失われた欠片 -The Missing Piece- 」に加え、狼陛下珀黎翔とその父母の過去の想い出を綴る「セピア色の語り部」シリーズの3本を収録。
—-
<収録作品>
失われた欠片
セピア色の語り部
ぬくもり
続・ぬくもり
愚かなる賢王


頒布の委託先(予定)
■ イベント (10/7スパーク東京、10/22インテ大阪)
=東西イベントご来場でお求めの皆様には= ★特典★両面ポストカード付
COMIC CITY SPARK 12「三希×うさこい倶楽部」NEW
COMIC CITY 大阪112「藍華&うさこい倶楽部」 NEW

 

■ 自家通販(サークル本と抱き合わせ分限定)
うさこい倶楽部 サークルショップカート http://usakoikurabu12.cart.fc2.com/ にてご予約受付できます。
「狼×嫁倶楽部 狼と兎の恋綴り 創刊号★抱き合わせ頒布」★特典★両面ポストカード付

サークル頒布の時期(ショップカート受付のタイミング)、発送その他の情報 → 詳しくは狼×嫁(うさこい)倶楽部ブログhttp://usakoikurabu12.blog.fc2.com/)をご 覧ください。

■ とらさん 書店委託 ( ※ポストカードつきません。すみません)


<おまけのポストカードについて>NEW

東西イベントご来場」&「狼×嫁倶楽部 狼と兎の恋綴り 創刊号★抱き合わせ頒布」の特典プレゼントです。W面ポストカード (黒Ver. – 白Ver.)

 

※すみませんがとらの書店委託にはつきません。ご容赦ください。

[近況]秋にむけてW新刊企画中


すっかりご無沙汰をしております。

本当にすみません。
現実と非現実の狭間で時間と体を配分しきれず
こちら世界へなかなか戻ってこられませんでした
無沙汰をお詫び申し上げます。

秋にむけて
少しだけ、
こちらもがんばっております。
(まだまだ水面下ですけど)

少しだけとかいいながら、
新刊本、2冊です。

ダブルです(笑

これもみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます

本ですね
やってみると一冊も二冊もおんなじ。
(――ではないけど)ポジティブシンキング中でございますことよ。

詳細はまだ公にできませんが
今日はさわりだけ。

—————-
1)サークル誌の創刊号
 狼×嫁(うさこい)倶楽部 「狼と兎の恋綴り」創刊第1号
 総勢8名、すべて書き下ろしです!(全年齢向け)
 ほぼ編集完了、表紙もできて構成チェック中。
 寄せ書きコーナーの原稿揃えば、印刷所に送る日も近いです~
 A5版 84ページを予定しております
 私の担当は編集で作業が終わり次第サークルの頒布班さんにバトンタッチ
 詳しいことはまたそちらから…。
 (今のところ予定している頒布チャンネルは
 ・自家通販(これから整備するところですので今しばらくお待ちください)
 ・10/8(日)COMIC CITY SPARK 12「三希×うさこい倶楽部」
 ・10/22(日)COMIC CITY 大阪112「藍華&うさこい倶楽部」です^^)
—————-
2)個人誌の新刊本
 失われた欠片 総集編(新書判)
 2回発刊しそこない2年越しで校正中(汗)の新刊をだしたいなあと
 3度目の正直の校正中。10月8日のイベント合わせで出そうと決意。
 (10/8東京の沙希さま、10/22大阪インテのたつぼんさまのスペースに委託させていただく予定です。大変お世話になります、ありがとうございます)
 とらさんの委託も検討中です
—————-

サークル誌の方、書き下ろしの短編載せてます。
書き下ろしも、久しぶりですねー(笑
総勢8名による書き下ろし、短編が7本、詩文が2本
本文80ページで読み応えたっぷりです(´ω`*)
え? まだ編集の私しか全部読ませていただいておりませんのよ。
うふふ、役得でございましょ?
表紙は慎さまに書き下ろして頂きましたの。
もうかわいらしくて萌える素敵絵ですわよ
ほぼレイアウト完了してるのですが、チェック中のため外部公開は来週あたり?
お楽しみに♪(´ω`*)ウフフ

個人誌の方は2013年か2014年頃?にブログで連載していた作品の総集編です。
(現在ブログの方は公開終了)

過去作品の総集編なのですが、3年間の間に20回以上校正しているので
新しく書くよりも大変でした…olz
あちこち加筆修正されております。されまくっております。
力及ばぬことは重々承知なのですが
何回校正してもボロが出るのでこれはもう仕方がありません。
どこかの時点で諦めて印刷所さんにだそうと思っております

去年、印刷所まで予約して、新刊発行予定ですとブログで匂わせながらも
諸事情により断念したのですけれども、
その原因を内省してみますと

まあ、一番の理由は
「時の運がなかった」。これに尽きます、はい。

そして、
手前味噌で申し訳ないのですが
自分で好きな作品なのです
忘れっぽいので、校正で読み返しても新鮮な気持ちになりまして(笑
惚れた弱みではありませんが
不十分なまま出したくない、のかもしれません。

あと
書き下ろしを20~30ページくらい書こうと欲張ったのも
心の枷になった一因かもしれません。
かきたい作品があったのですが、これも些細なことですが外的要因で歯車が噛み合わなかった。
またいつかこれはかける日がくるといいなあと思います
というか本誌が私の書きたいところに最近フォーカスあたってきまして
本筋を知りたいホンモノのお話を読みたい、で満たされてるのとかもしれません。

書き下ろし、にお話戻しますと
今回はサークル誌とほぼ同時期で
リハビリなしの書き下ろしは1本が精一杯でしたので
潔く書き下ろしは諦めました。

増ページしなくていいや、と思うと
あーら不思議。
校正中の本文に書き足したくなるんですね。

印刷所さんに予約(決意が鈍らないよう早々と入れた)した時点より、
ページ数が増えてしまいました。
(入稿時に変更すればよいのでこれは問題ないのですけど)

結局『書き下ろし入れよう』と構想したときと
あまり変わらないボリュームになりそうです。

(でも今回は一連の織座舎新書判シリーズにしては薄い方です)

あと、進行を阻む要因――そうですね。

一番の「気重」といえば
なにより 表紙とカバー、これが気が重いのかもしれませんですよ。

(いままで2年間、本にできなかった理由はこれかも?)新たな気づき発見

基本的に絵師ではないのでね、仕方がございません
自分のことは自分でやらねば、自立への第一歩なのよ。

――とはいえ、2年間で何回かトライした下絵
ボツばかりでしたのよー(笑
でも今回、ようやく描きたいものがかけそうな予感が。
締切でお尻に火がつくと、気分も上向いて参りました。←

一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる~な感じでコツコツすすんでおります

レイアウトするとき、どこ使うか自分でもわからないので
けっこう大きく描いてます

うまいこと表紙にまとまるとよいですわね…

まずは近況報告方々
W新刊発行をほのめかしてみたりしてみました。

放置しまくっていたおりましたのに
わざわざ閲覧に来てくださって、ありがとうございます。

おりざ