SS ありがとう


ご無沙汰しております。

某国内の『新・現代風・時代物な黎翔×夕鈴』コミュニティは11月末をもって永久凍結となります。
最後のお祭りの余韻を。

 

トピック・フィナーレ祭11月22日「いい夫婦の日」に寄せて

[本物夫婦のピロートーク][微糖]
─────
ありがとう
─────

あたりは一面真っ黒で
そこには何も無かった。

目を覚ました途端に
私の目には涙がたまっていて

あいまいな記憶をたどろうと目をしばたかせた途端に
つつうと頬を伝って
流れ落ちた。

まだ頭の中はおぼろげで、
体には感覚もなくて、指先もなにもかもフワフワと浮いてる気がする。

いままで
私は
幸せな場所に住んでいた。

――そう
…住んで、いた、んだ。

そう思った途端、
堰を斬ったようにボロボロと熱い涙が
肌を伝い流れ落ちるのを感じた。

ついきのうまで
白く光輝く楽園にいたのに。

青や黄色、赤や白、ありとあらゆる様々に鮮やな花が咲き乱れ
あたり一面えもいわれぬ良い香りが漂よい
小鳥のさえずりのように笑いさざめく人々が次々と訪れ
暖かくて…うちとけた相手と笑い転げ
ここは
楽園だった。

なのに
もう、終わり。

もう
何も無くなっちゃうんだ。

誰ひとり立ち寄らない
何一つ
生きていない
場所に――

そう気が付くと
寂しさにきゅっと胸が絞られるように痛んだ。

働かない脳がきしみ
心は虚無の指に鷲掴みにされ
ただただ
途方もなくさびしくて。

わたしは
訳も分からず
ただぽろぽろと
涙をこぼした。

そのとき
闇の中に紅い光がともった。

ふいに暗闇の中からもぞもぞと何かがのびてきて、
鼻先に暖かいものが触れておもわずきゅっと目をつぶった。

伸びてきたのはあの人の指先だった。

手探りで慎重に私の顔の輪郭を辿り、掌で肌をなぞると、
私の濡れた頬でその動きをとめた。

「――夕鈴?
泣いてるの」

ゆさゆさと
世界が揺れる。

急に大きなあの人が動くと
伴にしている寝台がゆらゆらと揺れて
私は目が回る思いがした。

ちょっとだけ緊張し、ピンと一直線にこわばっていた体の下に
太い腕が差し込まれ
脚と脚の間に下半身を絡め取られるように挟みこまれて
すっぽりとあの人の香りに包まれた

懐かしい、人のにおい。

深々と息を吸い込む

「へい、か?」

あったかくてホッと体中の力が抜けた。

「ゆうりん」
また、名前を呼ばれた。

くすぐったくて心地よい。

声の主の存在は胸の中に広がって
闇を追い払い、
白い光が私をつつむような気がした。

「大丈夫」

その声に救われる。

忌まわしい暗闇は払われ
白く輝く泉のように温かく甘いものが
ひたひたと私の胸を満たすのだ

夢じゃなかった

陛下はここにいて
私はここに居てよくて。

…私たちは夫婦で。

ふう、ふ――という言葉に。
まだ思わず顔を赤らめる自分にじわじわと火が灯り
思わず絡め取られた肉体に生々しいぬくもりと重みを再確認してしまう。

思いもよらぬほど近しいところに
暗闇の中にボンヤリと綺麗なお顔が浮かんで、ドキッと戸惑う

「…陛下」

そんなふうにドギマギする私を
陛下はフッと顔を緩めて眺めると
いつの間にか至近距離で見つめ合ってるのに居たたまれず
自然に目を閉じてしまう。

タイミングを逃さず
口づけが落ちて。

まるで私が期待して目を閉じた思われちゃ嫌だからと
ささやかな抵抗を試みるのだけど
でもやっぱり男の人の力にはかなわない。

こじあけられたその先に
もっと甘い罠を仕掛けられるばかり…。

暗闇の中に甘い吐息が重なって
離れたとたんに
もう寂しくなる自分がいる――。

離れることが怖くて
寂しい。

「…」

うつむいて
私は恥じた。

「どうして
泣いてたの?」

「心配しないでください
ただの夢、です…」

「夢でも
君を泣かせるのは許せない」

瞬間殺気が走る。

この人は二人っきりのこんなときにでも
何にやきもちをやくのかわからないけど

「…大好きな場所が一つ
終わっちゃうんです」

私は正直に話した。

「…君は。
終わりが怖い?
…寂しい?」

「…」

静かな闇は二人のあたたかな寝床で
白い清潔な敷布に包まれて
力強く抱きしめられた。

「――君の大事な場所
だったんだね」

そう言われると、
とたんに涙がまたポロポロとあふれ出してしまう。

「…はい」

後頭部に大きな手が添えられて引き寄せられ
暖かい吐息が近づいて
おでこに小さな口づけが落ちるのを感じた。

私の涙で彼を濡らしちゃあだめ、と顔を背けようとしたら

「構わない
ぜんぶ
僕が受け止めるから
――話して」

彼はそういって暫く無言で私を抱きしめた。

「素敵な人たちと
たくさんの出会いがありました――
素敵な管理人さんとたくさん、たくさんの時間をすごしました

素敵なお話と
素敵な絵がいっぱいで
楽しいことばっかりでした。

くるくるめまぐるしく話が回って
息が止まるくらい
…幸せで
大切な場所。

ここは―――
私にとって…」

「そう…だね
でも
夕鈴。

終わりは
寂しいことでも、怖いことでもないんだ。

君のバイトの終わりは…
――どうなったっけ? 夕鈴」


彼は私の唇からその先を聞きたいと
小さく耳元で囁いた。

「ほ、本当の夫婦の…
始まりでした」

こんなことを言わせるなんて。
羞恥でカアっと体の熱が上がるのを感じた。

「ぼくの片思いの終わりは
二人の夫婦の始まりだったし」

「私も――」

その先は、彼が私の唇を強請るから
最後まで言えなかった…

陛下が私を望んでくださるのは、嬉しい。
でも、私は…身分違いの高望み

正妃でもない
認められていない出自不詳の身分の低い妃で…
この先どうなるのかも
何も分からないけど。

でも
私はここから先も
陛下ととともに歩みたい、と。

長い長い口づけと抱擁に翻弄されて
うたかたの幸せを私は紡ぐ。

「今は、一瞬後には過去になる。

でも
終わったからといって
今感じている幸せを
失うわけじゃないんだ。

甘い吐息も何もかも。
ここでともに過ごせた時を
いつくしめばいい

幸せな時を
ともに過ごせたことは

これからさき
一つも変わらない

新しい未来を歩み始めようと

瞬間の喜びをともにすごした事実は
なにもかわらない
君も。ぼくも。

ぼくたちはだから
今この時をいつくしむことを大事にすればいい。

なにも哀しむ必要なんか、ないんだ」

「――はい」

「愛してる」

「私もです
陛下と
そして
こんな素敵な居場所を守ってくれた管理人さんと
素敵な仲間たちを」

私がそういうと、
至近距離の陛下の紅い瞳がちょっとだけムッとしたように曇ったと思った瞬間、
やぶから棒に私の首筋に痛みが襲った。

ピリぴりとした噛みあとを
もう一度舌で舐め上げると

「夕鈴は
ぼくだけのもの――だ」
といって
私の上にのしかかる様に口づけを降らせる。

「しかし私からも礼を言わねばならんかな。
皆にはいろいろしてもらったから…」とため息交じりに陛下は言うと

「新・現代風・時代物な黎翔×夕鈴 トピックに
心から祝福を」と小さくつぶやいた。

「さくらぱんさま、みなさま。
あとちょっとですね。
おつかれさまでした」

わたしたちは二人で抱き合ったまま
幸せな眠りに落ちた。

ありがとう。
みんな。

*

───────────────────────

 

グランドフィナーレ(宝塚風)

グランドフィナーレ(宝塚風)

下書きのつもりで青い鉛筆線で書き始めた落書き、お目汚しですが…。
ちなみに、題材はSSとは直接関係ありません。

もうすぐ1122の日。SSS つぼの対価


ご訪問ありがとうございます。

もうすぐ11月22日
1122=いいふーふの日、ということで、某SNS内コミュでは例年お祭りが開かれます。

告知かねてフライングですー
いい夫婦の日(1122)向け

これを区切りに永久凍結となる「新・現代風・時代物な黎翔×夕鈴」コミュはこれが最後のお祭り。
ファイナルステージでのメンバー皆々様のご活躍、楽しみにしております。
管理人のさくらぱんさまお疲れ様でした。
寂しくなりますね…

【新婚】【甘】

* * * * * *
SSS つぼの対価
* * * * * *

ちりりんと爽やかな鈴の音がして振り返ると、そこには愛しい人の笑顔があった。

「へーか!お帰りなさいっ」
頬を染める美しい新妻。

さらさらと衣擦れの音とともに近づき
両手を差し出す

ちら
夕鈴の目の端で何か違和感がよぎった。

部屋の隅で何かが揺れたような気がした彼女は
黎翔の手をすりぬけ
鬼のような形相で部屋の片隅へズカズカと歩を進めた

「そこっ!!」

「何ごとか」
最愛の妻を抱きしめそこなった男は、踵をかえし夕鈴の方を振り返る。

「また老師ったらツボの中に潜んでっ!!」

プンプンと怒って夕鈴は部屋の隅を指さした。

そぉっと小さな頭がツボの中から現れる。

「ふぉっふぉっふぉ、ばれてしもうたか」

「ばれたかじゃありませんっ!」
夕鈴は憤慨して真っ赤になって拳を握り締めた。

「ここで何をしておる、老人!」

「だーって、お二人が仲良くしてるか把握するのだって、後宮管理人のお仕事じゃもーん。
早くお二人のお世継ぎの顔が見たくて、わしゃもー気になって気になって」

「そ、そんなのプライバシーの侵害ですっ!」

「公人たる王と妃に、ぷりぷりばしーなんちゅーもんは…」

うふぉ…と老子がむせたときには
夕鈴のてのひらがツボに命中していた。

ガチャーン!

スゴイ音がして、ツボが割れた。

老子は素早い身ごなしで飛び散る破片を避け
「こりゃいかん、わしゃ用事を思いだした! では陛下、これにて失礼いたしますじゃ!」
と言いながら、すたこらさっさと逃げ出した。

夕鈴は半ば呆然と老子を見送り
そして見事に割れたツボを見てハッと青ざめた。

「…わ、わたし、ちょっと押しただけなのに…
―また王宮の備品を…」

ツノを生やしたメガネ鬼の怒り狂う様が目に浮かび
カタカタと青ざめる夕鈴。

黎翔は、そっと彼女の肩を優しく抱いた。

「気にしなくていいよ」

「そんなわけには――! べ、弁償しますっ」

「いいって」

弁償だなんて。何言ってるの、
君が無事ならツボなんていいのに

黎翔がたしなめても、
夕鈴は頑なに首を振った。

「よくありませんっ!」

泣きそうな彼女を、黎翔は強く抱きしめた。

「――夕鈴」
彼は力を緩めない。

「はい?」
黎翔の胸に深く顔を埋める格好となり
いまにも窒息しそうに目を白黒させていた夕鈴は
必死の思いで顔をあげ夫を見つめた。

彼の瞳は優しかった

「以前、ある女の子が、ツボを割りました」

「!」
夕鈴は一瞬、赤面した。

「その子は、ぼくの大事なお嫁さんになりました」

「…それって 
あ ――ん」

静かに唇を重ねられ

「あのとき夕鈴がツボを割ってくれなかったら
君は今ここに居ないかもしれない。
――そうだよね?」

「… は、はい」
夕鈴は甘い余韻をホッと小さな吐息にかえた。

「だからね。
ツボが割れることは、ぼくにとっては吉兆なんだ」

「――え?」

「ツボが割れたから
今日はまた
ぼくにとって大切なものができそうな気がするな―――」

そういって黎翔は妖艶にニッコリ笑い
そのまま彼の妻の両手を握り締め、引き寄せた。

・ ・ ・

それから月日は流れ

陛下は玉のような赤ちゃんを抱いた妃を傍らに満面の笑みを浮かべた。

その日、白陽国では全国民でツボを割って盛大に祝福したそうな。

*

[どうでもよいお話] 二次創作のオリキャラ観


二次創作のオリキャラ観を、ちょっぴり。

だいぶん前ですけど、あるイベントでの光景。

机の上に積んだ本を指差し
「オリキャラは(でていますか)?」と尋ねられ
「はい、サブ(キャラ)で一人…」と答えかけた途端
「じゃ、止めときます」

くるりと踵を返して列を離れて行った方がいらっしゃいました。

(オリキャラはでるけど、ほんの少しだし。

…ちょっぴりチートで印象的というのは否めないけど
でも原作キャラ中心で、それほど悪さしてないし…

自己満足だけど
面白く書けたんじゃないかなって
頑張って書いたお話なのに…
「オリキャラが出る」という一言でパラリと目を通すチャンスすら戴けないんだ。
ああ、残念。
せっかく手を伸ばしてくださったのに…)

と、思わずつぶやいたものでございます。

それ以来、
二次創作におけるオリキャラについて
自分の中での存在意義とか必要性とか扱いとかetc…
少しずつ思うところが増えました。

ちょっぴりググってみれば
「メアリー・スー(Mary Sue)」という用語があったり。
果ては「Mary Sueテスト」なんてあったり。

人の考えはそれぞれですし
そもそも二次創作というのは好き勝手やればいいこと、だとは思いますけど
愛深き創作活動ゆえ、各々信じるところ、つまりポリシーというものがございます。

かくいうわたくしも
書く上で「歯止め」にしている(漠然とした)境界線というものが心の中にございます。

では、結局
どこまでオリキャラは許容されるのでしょうか、と
ふと考えてみたりしたわけです。

愛があるから創作意欲があふれ、
生まれちゃうのが二次創作。
「二次創作の出発点は、原作への愛」

ですから

「原作キャラの完結後の後の様子とか、新しい家族とか、出てきてない縁者の話とか読んでみたい(書いてみたい)」と思う一方
「原作(キャラ)への愛があるのなら、なぜ関係ないオリジナル・キャラクターで都合よく話をすすめるの?」という気持ちも物凄くよく分かるーって思います。

また
原作キャラのオリキャラ化も。

原作キャラの性格や、好み、口調とかの設定が全く違うキャラと思えてきたり
「名前使ってるだけで、この登場人物、全く原作キャラとかけ離れてるじゃん?」とか
そんな延長線上に、家族や恋人や友人などの重要ポジションにオリキャラが入ることへの違和感とか、原作萌えに水をさされる気がするというのも、人によっては十分あり得ることでございますよね…。

そういうのは、まあ手っ取り早く「読まなければ良い」という極論が出たり(笑

パラレルだとか、設定変更とか、お話の前にタグ表記や前書きで表記したとしても
長すぎれば作品として興が醒めますし

かといって、たまたま読み始めていただけたものが心に染まなくて
大ハズレさせちゃうのも申し訳なくて、ですね。

いえー、
書く側も、読む側も
もっと気楽に二次創作とか和気あいあい楽しみたいものじゃあないですか?

と、まあ…つらつら
つまんないことを考えたりしたわけでございます。

さて。

読み手さんもそれぞれで、
いろいろな見方はあると容認したそのうえで、
『私的なラインを探ってみよう』という趣旨のもと
ザックリ判定を という企画。

オリキャラに対する許容範囲?とお見受けするポイントとしては

『原作キャラがメインで、物語の進行上必要となる脇役としての登場』はIN。
(原作キャラを彩るアクセサリー感覚の登場、或はモブで横切るとかはセーフ)

『原作キャラそっちのけでオリキャラが大活躍』はOUT。
(…それはもう書き手さんの「一次創作」では、という考え方。)

『原作キャラと直接的かつ濃密な関係性を持たせる』のはOUT。
(…例えば、オリキャラが、原作主人公の恋人、親友、親子設定などは、ちょっとね…と取られる感じですかね?)

わー、汗ダラダラ…。
厳密に申せばミゴトに禁忌を冒した事ばっかりかもしれませんねー
でも
自分なりの基準は、やっぱり守りたいと思っているんです。

それは
――――原作キャラほぼ関係なくオリキャラ主導でガッツリ話を取り回すようになったら
もうそれは『二次創作というよりはオリジナル作品(一次)』
という基準

――――というのが目安かなあと、最近、私の内では落ち着いております。

以上は、
他所さまに望む、とかではなくて

 自分が 今後 書く際、目安にしたいライン、というだけです。

非現実の楽しい世界ですもの。

「いろんな方に読んでいただければ嬉しいし。
二次創作活動のスタンスはここら辺なのかな」と思った、という…ほんとに、つまらないお話でした。

「どうでもいいから、
次、書け」
というお言葉の方がささります(笑

*

[日記] 11月、生きてます


ずいぶんお暇をいただいてしまいました。

それでもって
ここで気の利いたSSの一つでも置けばよいのに、
せっかく覗きに来てくださった方がガッカリされる様子が目に浮かびます。

本当にすみません。

リアの方が拡充しすぎ(リア充とは程遠いあたり、過酷なだけ)
一日が24時間からはみ出していることに起因いたしております。

一つのことしかできない単細胞なので、片や仕事に発奮している最中に、もう片方で脳内メモリーを萌えに振り分けたりできるほど器用じゃない。
体壊したりするレベルで忙しかったので気持ちのゆとりとかが萎えてなかなかうまく生まれてこない(いわゆる乾期)。

以前のお話の直しとかは、まだ行けるんですけど…
フレッシュな新鮮素材が今扱えなくて。
本当にすみません

正直、スケジュールをざっと先まで見渡しても
少なくとも今年度はことごとくイベントとご縁がなく、どうやっても絡めそうにないのです(涙)。

ぽつぽつ、秋ごろから校正に入ってるお話はありますけど、2カ月たっても牛歩状態。
特に期限も目標もない独りぼっちの作業は、尻叩く必要がないので、ますます間延びするばかり。
本にできそうな目途が立ったらたらまたご報告します(*´ω`*)

 とりあえず元気で復帰しております~のご報告まで。

   おりざ拝